2008年2月15日金曜日

久々恋に落ちて

あたしがNYに暮らしていた90年代の日本の芸能文化のこと、全然わかりません。『だっちゅーの』とか『命』とか何の事なんかI have no idea。
山口美江が引退していたことすら知らんかった(金スマで知った)。

だから「山崎まさよし」のことももちろんNo Check。
名前すら知らんかったの。
先日NHKでやった『Songs』って番組で彼がアコースティックギター片手に歌っているのを初めて見たの(なぜか2005年度の紅白では無視してたみたい)。
一発で恋に堕ちたわ、あたし32歳。
http://www.youtube.com/watch?v=G0iEoigQZ14
チャーがかっこいいねん。
どうしよう。すべての曲と彼の美声が心にしみる。
あたしだけ?
それから毎日3時間は聞いてるの(暇なんか、俺は)。
Rufus Wainwright以来の恋愛だわよ。
(参考資料:http://www.youtube.com/watch?v=i6N0sNMKFO4

もう5回ぐらいイッてしまったわよ、山崎まさよしピンで。
顔も良いのよねぇ。
あたしこの人だったら海外に出しても恥ずかしくないと思うわ。
っていうか、出て欲しい(ま、この美しい日本語の良さが判ってこその彼だけどね)。

「まぁちゃん、何を今更」って言わんとってね。帰国子女やから(?)。

ちなみに今日「僕らの音楽」でエレ○ァンX・カ○マシが出てた。
以前から思ってたんだけど(ファンの方には大変申し訳ないんですが)ほんとこの人達のこと好きじゃない。
聞いてて疲れるの。歌い方が。
で、あのボーカルの方のわざとらしい喋り方も鼻につくわ。
しかもライブで客を罵倒するっていうじゃないの。ありえないわよ。
でも、日本ってさぁ「一blue窈」と「エ○カシ」と「椎○林○」の悪口言うと村八分みたいな雰囲気ない?

ま、いいわ。とにかくホンモノもいたんだわ、ということで。

2008年2月2日土曜日

伊勢の銘菓「へんば餅」


伊勢の名物赤福が店頭から姿を消して久しいわね。
赤福、本当に美味しいから残念でしょうがないわぁ。
赤福もむかしはあの伊勢神宮内宮そばの五十鈴川のほとりでひっそり、でも正直に商売しているときは本当によかったんだろうなぁ。
この「へんば餅」みたいに店を大きくする事を良しとせず、そのお店にわざわざ行かないと買えない、しかも「お取り寄せ」すらもできない、このエクスクルーシヴ感を保っていれば赤福もよかったんじゃないかしらん・・・と思わずにはいられません。
「へんば餅」本当の銘菓。ブラヴォー!
このもっちりした皮とその表面の「コゲ」が美味しさのポイントね。
この量を一日で食べきらないといけないのはちと辛いが(賞味期限1日なの)。