2014年7月21日月曜日

理想的な送られ方 グラーツ

ガルダ湖から車で7時間。
オーストリアのグラーツに到着しました。
ゲオルグが150キロぐらいですっとばしたのに結構時間がかかったわよぉ。
それにしてもあんまり知らない人のすっとばす車に乗るのはちょっと怖かった ( ̄▽ ̄;)



閑話休題。

一ヶ月前日本に帰った時に母やら周りの方達から他人さまの死にまつわる暗い話を聞かされて正直本当に滅入っていたあたし。
今回もグラーツに行けるというのでテオの誘いに二つ返事でオッケーしたものの、その主旨は「おばあちゃんの納骨式」だという事実に改めて気づき、うろたえる。
その往年の大女優みたいなおばあちゃん(☜クリック)にはあたしも一度お目にかかったことがあって、非常に優しくしてくださったこと、寒空を手を組んでグラーツを歩いたことなどふつふつと思い出し、その方がもういないと思うと急にダークな気分になってしまった。

火葬場からお骨をもらってきて、それをステラ(テオのママ)の高校の時からの友人のアーティストが作った骨壺に納めた。
(欧州ではご遺体を火葬場に持って行って骨も集めてくれる。そして後日受け取りに行くところが多い。)
それは手作りの暖かい感じで、その骨壺の周りにテオが日本で買ってきた帯紐を結んであげると、小洒落たアート作品みたいになった。
アートなんてお骨に対して不謹慎かもしれないけど・・・。

その壷を持ってお墓に行く。
おばあちゃんの旦那さんはお医者さんだったそうで、ある時期はグラーツの市議会議員だったこともあったらしく、さすがそのお墓は歴代の名士が並ぶフロントローにあった。
すでに生前のおばあちゃんと極親しかった人達が10人待っていて、お墓の蓋が開けられてた。
( ̄▽ ̄;)
中を覗くと、結構広くて深い玄室(?)にはまるで映画に出てくるみたいな古い半分朽ちた棺が2つ並べられていてかなりドン引く。

神父(なんと女性の方だった!しかもこの日がお葬式の初仕事。こういう式事だけ執り行う人らしい)さんのお祈りの間、静かに泣いてらっしゃるかたもいた。
そしてテオが詩を朗読。子供のころにおばあちゃんと言葉遊びをしたその単語をランダムに並べて作られた詩で、それがみなさんの笑いと感動を誘う。
最後にみんなが持っていた黄色い風船を空に放った。
遠ざかっていく風船に向かって笑顔で手を振りながら
「アウフヴィーダーゼーン!!!」。また会いましょう!!!!

遠くへ去って行く風船にいつまでも手を振って



・・・完璧かつ美しいセレモニーだった。
魂は召された・・・とその場の皆が直感したはずである。

ところでなぜ黄色い風船かというと、それにはとっても素敵な理由があって
ステラ曰く「テオの父親が死んだ時は空に大きな虹が出たの。あの虹を渡ってったんだと思った。あたしの父親の時は外で鳥が鳴いてた。だから鳥に乗って向こうに行ったと思った。でも母が死んだ時は何にもそういうシンボルがなくて腹立たしかったの。やっとの思いで母の身辺整理をやり終えた後、ベランダを見たら黄色い風船がどこからともなく飛んで来て植木に止ったのよ。もうビックリ。母が風船になってお礼を言いに来たと思った。」
らしい。

式は20分ほどで、その後みんなで街郊外のオシャレなレストランへ。
Möetのシャンパンを高らかに開けて乾杯した。

そりゃおばあちゃんは89歳で長生きしたほうかもしれない。
だからこうやって皆が笑って見送ってくれたのかもしれない。
でもあたしはいつ死のうが(そこそこ長生きはしたいのよw)こうやって送ってもらいたいなー、って思った(シャンペンはいらんけど・・・高いからw)。
亡くなった後でその人の送ってきた人生を笑顔でお祝いするのって、究極の理想。
別に来たくない人まで来ていただかなきゃいけないようなお葬式はいやだわーっ。

お葬式はその人の人生の計。
なるようにしかならない、とも云う。

2014年7月11日金曜日

ガルダ湖での秘め事 ガーデンと奇人の家編




ガルダ湖編続き(以前のホテル編の記事☜クリック)

そんなガルダ湖畔のガルドーネ・リヴィエラだけど、ここでの見所は二つ。
しかもこの二つのためだけにわざわざガルドーネに行く価値あると言ってもいいぐらいのアトラクションです・・・。
と、大きく出てはみたが、やっぱ引っ込めるwww
好きずきあっからさーっ。

一つはオーストリアのマルチアーティストのアンドレ・ヘラーが所有してプロデュースしている植物園
植物とアート(チベット密教的なものから現代アートまで)が混在している、とってもユニークなガーデンです。
なんでも歯科医のHruska(ルスカ)って人が所有してた庭園をアンドレが手を加えてその危機から救ったとかなんとか。
そこここに点在するみょーちきりんなアートもそれはそれで面白いんだけど、なんと言ってもこの満開のアジサイに感動してしまった・・・あぁ、ジャポネーゼ。


はたしてご利益はあるのか?





植物園を後にして丘の上のほうに10分ほど歩いて行くと、
作家、詩人そしてファシスト党の先駆者の一人であった奇人ダヌンツィオの終の住処Vittoriale degli italianiがある。
テキストメッセージでスウェーデンにいるおさーんに「今ガルドーネにいるのよ」って言ったら「ダヌンツィオのクレージーな家見た?」って即座に聞かれて、その家の存在はもちろんダヌンツィオのことすら知らなかったあたしは2秒だけおさーんの博識さに感動した。
そのクレージーな家の敷地内に足を踏み入れてみたら、そこはクレージーという形容詞だけでは言い表せない、とてつもなくファビュラスな、これを作った人の脳内がそのまま体現されているような場所だった。
あぁ、これを知らずに死なれよか(疑)。
どんなところ?と聞かれれば渋沢龍彦的なグロテスクな世界とファシストが融合されたぐっちゃぐちゃなところ。と答えてしまう。
三島由紀夫さまが感化されたのも充分納得できるのだった。
館内撮影厳禁なので、残念ながら屋外の写真しかないがそれでもこの異様な感じ伝わらないかしら。(上のリンクの中の写真も見て)
第一次大戦中飛行機事故で片目を失ったダヌンツィオの家の内部は暗かった。
こんな暗いところに住んでたら気が変にならんかしら、ってダヌンツィオも暗黒のスウェーデンに住んでるあたしに言われたかないわなーww
ゲストが自然とお辞儀をする形になるように部屋の入り口をわざと低くしてたり、女優で愛人だったエレオノーラ・ドゥーゼの彫刻があまりにも美しいために創作に支障を来すからと白い布でその顔を覆っていたり、日本の仏様とキリスト教の聖人像が数多と共存してる祭壇があったり、自分が死ぬ時をイメージしてその時のベッドまで演出されていたり、まーファビュラスおどろおどろしかった。
ガイドツアーでのみ見学可。
英語(はガイドさんがテープレコーダを持ってww)とイタリア語のみ。

見学者が最初にくぐる門 
ガルダ湖を見下ろす「あんた何様」系の霊廟 犬の銅像が5体
まるでパリのナポレオンの霊廟のようだった
葬儀はムッソリーニにより執り行われたという

敷地内に船がある・・・

敷地内はこのように地図見ながらじゃないと迷うのよ
広い敷地を見学し疲れ・・・

クレージーな詩人の脳内ツアーでどっと疲れたあたしたちは、ゲオルグの運転するファビュラスすぎるおニューのBMWで一路オーストリアのグラーツへ。
ベーエムヴェーってネイディブが言うの初めて聞いたかもw
そんなあたしたちを待ち受けていたものはイタリア湖水地方のお約束、渋滞だった。☟
BMWであろうがダ◯ハツ(失敬か)だろうが同じことなのだった。

次回は感動のグラーツ編。



ガルダ湖での秘め事 ホテル編

ちょっと犬神家っぽい


ファッションウィークでファビュラス・テオがミラノにやってくるというのでうちのおさーんも一緒に会いに行ってきた。
先月日本に行った時は関西以西だったので会えず。
思いがけずヴィヴィアンのショーにも招待してもらって(会場冷房なしでかなり居心地悪しだったが)また栗原類くん親子ともおしゃべりもできて、ジョヴァンニも含めいつもながらの楽しい時をミラノで過ごしたの。
ショーが終わったらとっととやさぐれモードでおさーんとスウェーデンに帰ってくるはずだったのだけど、テオからの「おばあちゃん(今年初めに亡くなった)の納骨式をグラーツでやるから出席してくれるとありがたいんだけど。ステラ(テオのママ)も喜ぶからっ。」とのお誘いをうけ、ふたつ返事でオッケー。
おさーんは一人でスウェーデンに。( ^_^)/~~~バイバーイ!
いやぁん、暇って便利ww
時を同じくしてミラノにいたテオの高校時代の同級生のゲオルグと一緒にグラーツまでドライブしていくことに。

途中ガルダ湖のGardone Rivieraに一泊するという案が二人のあいだですでにあったらしくそれにも参加することになった。
ちなみにゲオルグは思いっきりストレートな男子よ、念のため。

地図確認



湖を見ながらディナー

マッジョーレ湖、コモ湖、ルガーノ湖は行った事あったんだけど、このアンジェリーナとブラットでおなじみ(?)のガルダ湖は初めてだったの。
ガルダ湖の周りもドライブしてみたけど、コモ湖に比べると静かでゆったりとしていてブラピ夫婦が子供ダラダラ連れてるにしてはギラギラしてる雰囲気がない。
テオは今日泊まるこの古式ゆかしきホテル (☜ほんとは教えたくないんだけど・・・)にまえから目星を付けてたらしく、予約が取れた時(前日!)には超喜んでた。
行ってみると宿泊客のほとんどがお金持ちのドイツ人とスイス人とオーストリア人(車のナンバープレートから察する)ばっかし。
しかも若者あたしたちだけ(☜厚かましww)。
とか言いながら、この欧州のおっさんおばさんばっかしのオールドスクールな雰囲気がけっこう大好き。黄色い声で叫びまくるお子様もゼロだった。
ちなみに東洋の黒真珠はあたしだけ。Ω\ζ゜)ちーん
ゲスト自体はお金持ちなんだろうけど、この施設やら美しさからしてまーまーリーズナブルっていうのもよかった。湖サイドのデカいベランダ付きのシングルルームで90ユーロ。悪くないべ?
ちなみに奴らはツインで140ユーロ(湖側)。

あたしゃ水着持ってたんだけど、志摩育ちなもんでどーも湖で泳ぐの抵抗あるんよ。
浮かなかったらどうしよう、って怖くもあるしw 
ずっとパラソルの下で泳ぐ中年後期のドイツ人たち(でも新婚っぽい・・・だって人目も気にせずチュー以上のことしてはるからwヤーっ!)と若者達を眺めていましたとさ。

イタリア湖水地方に行くなら車がお薦め。
公共の交通機関でも行けないことはないけど、ガルダは特に車が必要だと思いました。
っていうか、日本もアメリカも欧州も風光明媚なところ行くのは悲しいかな車必須よ、モータリゼーションよっ。

次回は植物園とダヌンツィオの家編で。

鏡の中のわたし、すっげーデブに見える・・・デブだけど・・・やだーっ!!
なんか、ほんと、いやだぁ・・・美味しゅうございました・・・(T_T)

チェックアウト後着替える場所がなかったので人前で・・・