2015年10月13日火曜日

Grand Canyonにて

Journey to Italyでアッシジの聖フランチェスコ大聖堂で心洗われたぁ、みたいなこと書こうとしてた矢先、ふいと所用ができてアリゾナ・USAに行ってきた。

アリゾナにもラスベガスにも行ったことあるのに、なぜかこの「死ぬまでに行きたい場所」のトップに必ずランクインするグランドキャニオンには行ったことなかったの。
というより、人生においてここに行くことあんまり考えたこともなかった。

フラッグスタッフから車で北上して2時間ほどで着くのだけど、2時間経ってもなかなかそれらしきものが見えてこない。
グランドキャニオン国立公園入り口を通り抜け、駐車場に車停めてもそこには綺麗な森やコテージがあるだけであたしが想像してるグランドキャニオンはどこにあるのやら?って感じ。
で、2分ほど歩くと突然足元から崩れるようにして目の前に大渓谷が現れるのよ。

ぐゎぁぁぁぁっっ!!!!
(これの10万倍ぐらいでかいフォントで書きたいわ)

と。

大渓谷だから谷の上から下を眺めるなんて当たり前なんだけど、そういうことも考えたことなかったあたし。
見上げるもんだとばかり思ってた。


今回行って思ったこと。
「行ったことないなら借金してでも行ってちょうだい」です。

聖フランチェスコもローマの遺跡も7000万歳の自然が作った遺産にはかなわないなぁ、この大渓谷を前にしたら人生なんてほんと一瞬の輝きでしかないなぁ、あたしなんてちっちゃいちっちゃいちっちゃい、とか言いながらこんなとこに一人ポツンと置いて行かれたらどうしようぅぅ、めっちゃ怖いぃぃぃ、やっぱあたしちっちゃいちっちゃいちっちゃい!・・・なんてぼんやり思いながら。

ほんとは「フランス人の観光客が異常に多かった」なり「エル・トヴァーホテルの食事がまずかった」など書かなきゃいけないかもだけど、大キャニオンを前には屁みたいなもんだし、キャニオンのことはあたしの技量じゃ筆舌し尽くしがたいので、ここまで。
写真もたくさん撮ったけど、どれもあのダイナミックな感じが伝わらないような気がして2枚だけ。(あぁ謙虚w)

いまだグランドキャニオンショックはつづく。

ちなみにあたしたちが行ったのはもっともポピュラーなグランドキャニオンの南側。
老若男女が楽しめます。







0 件のコメント: